ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
津島屋 純米大吟醸 備前雄町 無濾過生原酒 29BY 1800ml
※写真は720mlです。

ピンクの津島屋、店主お勧め!

【津島屋】とは
「津島屋」は江戸時代にさかのぼり....その昔、創業家の先祖は、現在の愛知県津島市から岐阜の地へ移り住んできて、中山道太田宿という宿場町で、「津島屋」という団子茶屋を営んでいました。
ヒトとヒトが行き交う宿場町の憩いの場であり、そこにはヒトビトの活気や笑顔が絶えず溢れていたと言います。
「津島屋」という銘柄には、そんな創業家の原点に戻って、呑む人が癒されて思わず笑顔になってしまうような酒を醸したいそして、ヒトとヒトを繋ぎ、昔よりも失われつつある「絆」をつくるような酒でありたいという願いが込められています。
 ラインナップは、特定名称酒クラスの純米系のみの品揃え。こだわればこそ、それ程数量はできなくて繊細だけれども、味わい深さは抜群の日本酒の希少な部分のみを堪能する。
 米と水とそして酒を醸す造り手達の情熱が生みだす日本酒の限りない可能性を模索し、挑戦し続ける…
歴史や伝統から学び、そこから新しい価値を創り(創新)、世界へ発信する。単なるアルコールという液体の日本酒ではなく、もっと大きな価値として日本酒を伝えていく、それが「津島屋」です。
by 蔵元

酒コメント
2015年初めて採用となった、備前産(岡山県)雄町を全量使用し、50%まで磨いた純米大吟醸。
華やかさ、旨み・甘みの拡がりなどにおいて、分かりやすく安定感や安心感が感じられるのは、流石、長い歴史のある酒造好適米。
余韻は綺麗に消えゆきながらも、やや濃厚なイメージやコクを残します。
穏やかな透き通った香りで、雄町らしいイメージの力強い味わいが口中に広がります。
雄町の濃厚で重厚なイメージが伝わる黒瓶にボルトブラックのラベル。
雄町を巡る造り手や、飲み手の惜しみない愛情の意味を込めて、ピンクの箔押し仕様に。
またネックシールには、「雄町 ハートマーク」が記された、どこかアダルトで色気を感じる津島屋 雄町 純米大吟醸。
定価 3,888円(税288円)
販売価格

3,888円(税288円)

購入数
up down